佐野ラーメンの特徴

透き通った醤油スープの中にもキレる味

 ご当地ラーメンとしても、知名度は屈指の存在となった佐野ラーメンですが、実際どんなラーメンなのでしょう。
 まずはスープの特徴から見ていきましょう。
 見た目は、透き通ったスープで、さっぱりしている印象があります。醤油味の鶏ガラスープが主流です。なかには、塩や豚骨にアレンジされているものもあります。佐野ラーメンのスープは、基本は醤油ラーメンですが、その店毎に味にかなりの差異があり、店毎のオリジナル満載です。このスープは見た目同様あっさりしていて飲み干しやすいので、毎日食べても飽きがきません。その飲みやすさとしつこくない味は、ラーメン通や男性客でなくとも、子供、女性、お年寄りまで多くの層の人々に人気です。これなら、がっつりのラーメンまでは無理なお食事にも、お勧めできます。また、お酒を飲んだ後のあがりラーメンとしても良さそうです。

 また、佐野ラーメンにはしっかりと味にキレを感じます。飲み干しやすいにもかかわらず、もの足りないということがない満足度なのです。こってりの豚骨ラーメンとは違い、近々でも何度でもリピートしたくなります。佐野ラーメンのこの絶妙なキレ感は、きっと名水と言われるほどの良質の水を、使用しているからかと言えましょう。

 この良質の水に、佐野ラーメンの美味しさの秘密があることに間違いはありません。 したがって、佐野地方以外の場所では水質に違いがあるため、同じ味が出せないということになります。これではチェーン展開もむずかしく、佐野ラーメンが都内にも数点しかありません。都内進出していないのも、水質の違いが理由と言えるでしょう。佐野ラーメンは、現地でしか食べられないご当地ラーメンというわけです。観光ついではもちろん、佐野ラーメンがメインの観光としての価値もじゅうぶんあるでしょう。

モチモチ食感の巧みな手打ち麺

 次に佐野ラーメンの麺の特徴を見みましょう。
佐野ラーメンの麺の見た目は、太めの平打ちのちぢれ麺で、太さや長さも様々です。この麺は均等の厚さに広がった麺帯を、たたんでから包丁で切って作られます。それでも麺の厚さや太さが多少まちまちになり、これが手づくりのよさです。この特有の手作り感を出すために、一本の麺に異なった番手の包丁使用することもあります。厚さや太さが多少まちまちの麺は、スープの絡みをよくし、舌ざわりにも独特のアクセントのある食感を作り出しているのです

 そして、佐野ラーメンの麺は、<青竹の手打ちの麺が美味しいのは…>を見ていただければわかるとおり、 青竹の手打ち麺です。青竹打ちで製麺された麺は適度な空気が含まれているため、短時間で茹で上がります。これで、コシの強いツルツルとした麺が出来るのです。この技術が佐野市に広がり、手打ち麺を出すラーメン店が非常に多くあります。

 佐野ラーメンは多加水麺のため、プルプルした中にモチモチ感があって、とにかく柔らかいのが最大の特徴です。ピラピラと唇で踊る感覚で、店によっては、ワンタンの皮に近い食味と感じるものもあります。そして、多加水麺は水分たっぷりのため、伸びにくいという長所があります。その反面、水分が多いため、麺にスープが絡まりにくいという欠点もあります。しかし、佐野ラーメンの麺は厚さや太さがまちまちなので、スープに絡みやすくなっていて、この欠点は問題なしです。麺についての冒頭でご説明したように、手間をかけた工夫がなされ、佐野ラーメンの美味しさを保っていると言えます。

 また、多加水麺は水分量が多いので、長期保存ができないという難点も抱えています。つまり、佐野ラーメンを美味しく食べるには、作ってすぐに食べるのがベストということです。ある意味、これらの特徴は良くも悪くも、観光向けのラーメンとして最適なのかもしれません。佐野ラーメンは、ぜひ現地で食べてもらいたいご当地ラーメンということなのです。

素朴な具材と柔らか~いチャーシュー

 最後に引き立て役ともなる佐野ラーメンの具材について見てみましょう。
佐野ラーメンの具材は、佐野ラーメンの具材は、昔ながらのシンプルなものです。具材としては、チャーシュー、なると、メンマ、ねぎ、のり、わかめなどがあります。その中でも主な具は、柔らかチャーシューと、基本である刻み長ねぎ(白ねぎ)です。

 チャーシューは、佐野ラーメンの一大特徴でもあります。作り方、味付け、食感は店ごとに差異が大きいです。一般的なチャーシューとは、豚肩ロースブロックや豚バラブロックを塊のまま、たこ紐で縛ってタレに漬け込んだ後焼いたものを薄くスライスしたものをいいます。しかし佐野ラーメンの店のほどんどで採用しているのは煮豚です。煮豚は、豚肩ロースブロックや豚バラブロックを塊のまま、醤油、砂糖等で丸ごと煮た後、薄切りにしたものをいいます。 佐野ラーメンのチャーシューは、店にもよりますが、かなりの柔らかさです。箸で持ち上げると崩れてしまう程の柔らかさを売りにしている店もあります。また、最近では、ローストビーフ、シーフードなどの変わり具をアレンジしているところもあるようです。

 このように佐野ラーメンの具材は、見た目はシンプルながらにも、チャーシューをはじめとして秘伝の味付けが隠されているというわけです。透き通ったあっさりスープと青竹の手打ち麺、これらの具材が加わり、佐野ラーメンの美味しさを一層引き立てています。

 このようにスープ・麺・具、独自の特徴が、互いに引き立て合い全体の佐野ラーメンとしての味を作り上げていると言えますね。この佐野ラーメンの美味しさとは、いったいどこからきているのでしょうか。
佐野ラーメンの美味しさの理由とはここにありました。

佐野ラーメンの美味しさの秘密はこちらです»